27 8 / 2014

lobbycards:

Zardoz, French lobby card. 1974

lobbycards:

Zardoz, French lobby card. 1974

(gkojaxから)

27 8 / 2014

"驚くべきことが判明した。『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究で判明したのだ!!

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されないことが判明。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係しているのだ。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえるのだ。

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ(笑)」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であると「幸せじゃねえ(笑)」となってセロトニンが分泌されなくなる。普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

また、同じものばかり食べることはセロトニン分泌を妨げることもわかった。食事が単調になってしまうと『体温調整』がスムーズに行えないため「同じもんばっか食っても幸せじゃねえよ(笑)」という状態になり、腸が脳にセロトニン分泌指令を出さないため、精神バランスが崩れ、ストレスから暴飲暴食やウツの原因となることも判明。

(略)

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食ったし幸せだわ(笑)」「セロトニン分泌しよっと(笑)」という状態となり、腸がセロトニンをドバドバ出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。もちろん、小麦粉がメインではないスパイスが豊富ならば市販カレーでもOK!!
"

27 8 / 2014

"知人で、すごくダメな男性がいるんです。
独身で50代前半なんですけど、でも、すごくモテるんです。
いや、正確に言うと「モテる」というよりも、女性にすごく積極的にアプローチをするから、結局、女性の方が折れてしまって、何かとデートとかセックスとかをしているんです。
ちなみに何度も言いますが、ほんと、「ダメなタイプ」なんです。まあオシャレな職種ではあるのですが、そんなに仕事熱心というわけでもなく、サラリーマンなんで結構適当に休んだりしているし、無精ヒゲを生やしていて、まあダラシナサそうな印象もあるんです。
ちょっと違うのですが、まあ「リリー・フランキー」と同じ路線と想像していただければわかりやすいと思います。
例えば、僕たち、一般的な男性が「あの人良いなあ、好みだなあ」と思ったら、「彼氏いるのかどうか」とか「趣味は何なのか」とかちょっとリサーチして、その後、もう緊張しまくって、「今度、お食事でもどうですか?」って誘いますよね。
その「ダメな男性」は全然違うんです。パッとかわいい女の子を見つけたら、「うわー、可愛いなあ。こんど、ご飯に行こうよ。何が好き? お寿司?」とかってその場で軽く言っちゃうんです。
それも結構みんなが「あの人はちょっと美人過ぎるし、声かけるのも大変でしょ」って感じの、いわゆる「かなり良い女」に、そのやり方でアプローチするんです。
さらに、そんな感じで色んな女性に声をかけてて、適当に遊んでいるのに、誰も「あの人は最低だ」とかって感じで責めたりしないんです。
ちなみに口説き方はどんなのかは知らないのですが、勝手に想像するに「ええ、マキちゃん、今日、泊まっていこうよ~。絶対に何にもしないから。ホントに何にもしない。約束する」とかって感じで誘ってそうなんです。
それで思うのですが、あの「ダメな男性のタイプ」ってめったにいないんですよね。
なんでだろうと先日も考えていたら、彼(あるいは彼ら)は「すごくプライドが低い」んです。
普通の男性は、どんな人でもすごくプライドが高いんです。どれだけ仕事が出来なくても、遊んでいるタイプじゃなくても、みんなガチガチで、すごくプライドが高いんです。
だから、気に入った女性を食事に誘いたくても「断られたらどうしよう」ってグルグル考えちゃって、声をかけられないんです。
でも、その彼は別に断られたって、全然、プライドが傷つかないんです。
そしてプライドが低い証拠に、僕がお店で、彼がすごく酔って大声になったとき、「すいません。声がちょっと…」って注意しにいくと「うわ、ごめん。林くん、ホントごめんなさい。すいません。もうそろそろ迷惑かけないうちに帰るから。ごめんなさいね」ってすごく謝るんです。そういう時に、男性独特のプライドとかが全く出てこないんです。
で、何故、彼がモテる(というか綺麗な女性がOKを出す)のか、考えてみたのですが、その彼のプライドの低さというか、敷居の低さが女性にとっては心地良かったり、可愛かったりするんだと思うんです。僕が彼を注意すると、一緒にいる女性が「もう、ダメじゃない。酔っぱらい過ぎ」って感じでお母さんになっちゃうんです。
それで思ったのは、女性の特にすごく良い女とされる種類の人たちは「敷居が低い男性」の方が変な緊張感がないし、心地良いんだろうなあ、ってことです。
でも、あの境地に達するのって男としてすごく難しいとは思うのですが…"

27 8 / 2014

"「お前はサンタさんが枕元まで来ると思ってたの?」「うん」「ウチ煙突ないだろ」「あー」「だから入れないからプレゼントは玄関に置いてある」「ええっ⁉」「そのままにしておくより枕元がいいよな」「うん」「だから俺が運んだ。大抵の家はお父さんかお母さんがそうしてるはず」「そっかぁ‼」"

27 8 / 2014

(元記事: bowi (reretletから))

27 8 / 2014

(元記事: ForGIFs.com (yaruoから))

25 8 / 2014

deli-hell-me:

PoroさんはTwitterを使っています 【お江戸の刑罰】寺法による僧侶の追放刑らしいけど、なんだコレw http://t.co/bloA4gKojZ
(@pororon_s)【お江戸の刑罰】寺法による僧侶の追放刑らしいけど、なんだコレw

25 8 / 2014

(元記事: tatermo (highlandvalleyから))

22 8 / 2014

gkojax:

ネットで拾った変な画像『島唄』:哲学ニュースnwk
しまうたよ かぜにのり とりとともに うみをわたれ

gkojax:

ネットで拾った変な画像『島唄』:哲学ニュースnwk

しまうたよ
かぜにのり
とりとともに
うみをわたれ

(expositionから)

21 8 / 2014

"

761: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:32:20.41 ID:BdTe3stG.net
日本で一番飲まれていたのはキリンラガービールだったが
実はある問題を抱えていた
ほろ酔いになった、3~4杯目辺りになると逆に味がクドくて飲めなくなる、という弱点
居酒屋で「とりあえずビール」というのは、ビールは最初の1~2杯しか飲まないという事でもある
酔ってきたら、味の薄いチューハイ辺りに移る
ここに目をつけたのがアサヒ
3杯目、4杯目でも美味しく飲めるビールを造れば、ラガーの売上を抜けるのではないか?
そこでアサヒはシンプルに「ビールの味を薄めれば、良いんじゃないか」という結論を出す
味が薄ければ、3杯目、4杯目もチューハイに移らずに、そのままビールを飲み続けることが
実験の結果分かった
ただし、ビールの味を薄めると、よりアルコールの味が強まって美味しくはない
肝心のビールの味でラガーには負ける
そこで、大々的にイメージ戦略を行うことにした
味が薄い=ドライ、アルコールの強味=辛口、という言葉を使い、逆に新鮮味を打ち出す
CMを垂れ流すことにより、洗脳に近いポジティブさを植え付ける
かくして、打倒ラガーを目標に、前代未聞の味の薄いビールの攻勢に打って出る
「洗練されたクリアな味」「辛口」というフレーズは、発売以来使い続けているが
ようするに、薄味、アルコール味、という意味である
単に言葉を置き換えただけだ
だが、CM垂れ流しに酔って、日本人はすっかり洗脳されてしまい
アサヒはラガーの売上を抜くことに成功した



765: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 14:24:36.03 ID:fdZRZWVU.net
»761
大筋では間違っていないけど、アサヒのビール開発を斜めに見ながら言葉を汚く変えただけ。
「新しいビールの楽しみ方を開発した」と言い換えれば、そのままガイアの夜明けで放送できるしw
"